石の街うつのみやシンポジウム| NPO法人 大谷石研究会

logo_ooyaishi-org.gif

main_history.jpg

navi_home.pngnavi_1.pngnavi_2.pngnavi_3.pngnavi_5.pngnavi_7.png

石の街うつのみやシンポジウム開催 

日時■平成29年11月18日(土)13:00~16:30
会場■宇都宮市城山地区市民センター ホール

石の街うつのみや写真展
写真集「大谷石百選」の中から、大谷石建造物の国指定重要文化財等の中からパネルで展示
会場■宇都宮市城山地区市民センター ロビー
日時■平成29年11月11日(土)~19日(日) 9:00~17:00

エクスカーション バスツアー
日 時■11月19日(日)9:00集合~16:30解散予定
コース■松が峰教会・宇都宮聖ヨハネ教会・大谷資料館・屏風岩・露天掘り採掘場ほか
参加費■資料代として1500円(別途入場料・昼食代が必要)

 石と人間の結びつき、それは遥か古代まで遡ります。「木の文化」である日本、その中で軟石である凝灰岩等の文化は、それらを支え、また独自の文化を全国各地に創ってきました。その中で「大谷石の文化」は、特に明治以降、日本の近代化に大いに寄与してきたと言えるでしょう。
 今回は「旧帝国ホテル・ライト館」になぜ、「大谷石」が使われたかを検証し、その産地である「大谷」の魅力を産業・観光両面から探りたいと思います。また、全国各地に残る凝灰岩等の文化と交流を計り、それらのネットワークづくりにつなげたいと願っております。


LinkIcon石の街うつのみやシンポジウムチラシ.pdf
大谷石シンポジウム1.pdf

LinkIcon申込用紙.pdf
シンポジウム申込用紙.pdf

申し込み
■ファクス・メールで、参加者の氏名・住所・連絡先・職業を明記
 「石の街うつのみやシンポジウム」係へ
  FAX 028(652)2337 
メール address.jpg
問い合せ 090-3147-1521(事務局)